目的別段ボール

目的にあったダンボール箱選び

ダンボール箱や化粧箱などを製造する「平林パッケージ」は、ダンボールの設計から製造、納品までを自社一貫対応できる環境を整備。
最新機械と職人の手のよるふたつの方法で、高品質なダンボールを製造しています。
目的にあったダンボール箱選びのポイントを紹介します。

発送するためのダンボール箱

ダンボール箱の種類 ポイント
一般的な
ダンボール箱(A式)
型なしで製造できるみかん箱タイプのダンボール箱。
サイズの自由度や生産性が高く、コストパフォーマンスに最も優れています。
家具梱包用箱 規格外の大型ダンボール箱なども、オーダーメイドで製造することができます。
(小型ダンボール箱もオーダーメイド可能)
通販用 A式(みかん箱タイプ)B式(差し込み蓋タイプ)など、梱包商品にマッチしたダンボール箱を選ぶ必要があります。
ギフト用(C式N式 梱包商品に見合った美観性を持ち合わせたダンボール箱で、ギフト用などとして最適です。
自転車用 A式をベースにした構造で、取っ手などを付けたダンボール箱で、発送や輸送の際に便利です。
精密機器用 内容品を安全に保護し、強度があるダンボール箱です。
メール便箱(タトウ式) 各宅配業者の規格にも合わせた、汎用性の高い薄型のダンボール箱です。

分割するためのダンボール箱

ダンボール箱の種類 ポイント
食器用 食器を安全に運搬することができ、出し入れも簡単な食器運搬用ダンボール箱です。
ボトル用 仕切りをたくさん設け、ボトルの小分けなどが容易なダンボール箱です。
小物雑貨用 各種パーツやアクセサリーなどを整理できるダンボール箱です。
A4ファイル用 A4ファイルや資料など、デスクまわりの整理などにも使えるA4ファイル用のダンボールボックスです。

保管するためのダンボール箱

ダンボール箱の種類 ポイント
蓋付き保管箱(C式) 中身と蓋に分かれているダンボール箱で、美観性が高く、強度もあり、収納ケースなどとして多く利用されます。
中性紙使用古文書保存箱 中性から弱アルカリ性域で製造された原紙を使用したダンボール箱で、内容物が劣化しにくいように作られています。

ページトップ